5月14日(日) SONRISA / J Products / Sora 新作・再販 開始です
|
|

SONRISAのママネックレス


皆様はじめまして。

SONRISA(ソンリサ)の店長・勇上澄子(ゆうがみすみこ)です。
7歳と5歳の女の子を育てながら、兵庫県三田市という田舎のニュータウンでハンドメイドアクセサリーのネットショップを運営しています。

ネットショップを起業する前は、大学卒業後IT企業に3年勤めた後「青年海外協力隊」に参加して中米で2年システムエンジニアとして活動し、帰国後は大学院でフェアトレードについて学んだ後、国内の在日外国人支援NPOとその関係企業で働いていた・・・という、「どこにアクセサリーが関係するの??おしゃれっぽさゼロなんですけど。。」という地味な経歴の持ち主です。

SONRISAでは、ファッションアイテムとしての一般的なアクセサリーとあわせて、赤ちゃんや小さなお子さんを育児中のママさんに向けた「赤ちゃんに引っ張られても切れないネックレス」という強度に優れたネックレスをご用意しています。

ぱっと見た感じでは、よくある普通のコットンパールのネックレスと何も変わらないこちらのネックレス。


コットンパールのママネックレス ー8mmコットンパールのベーシックショートネックレス

でも実は、約12kgf(重量キログラム)もの耐荷重性をもつ特殊繊維を2重に用い、留め具の選定や繋ぎ方も強度にこだわって制作する事で、大人の男性でも簡単には切る事が出来ない程の丈夫さを実現している特殊なネックレスです。


ママネックレス用のマンテル金具。シンプルで対荷重性に優れた留め具が強度をアップさせています

どうしてこんな「引っ張られても切れないネックレス」を作ろうと思ったのか..。
それは私自身が長女を産んだ後の、初めての育児に余裕がなかった頃のほろ苦〜い思い出が出発点になっています。


2歳ごろの次女と。華奢なものが好みの方へと作ったゴールドビーズのショートネックレスも、赤ちゃんに引っ張られても大丈夫♪


「まぁ仕方がないか、今は。。」おしゃれって何でしたっけ?な新米ママ時代


今はもう小学生になった長女が生まれたばかりの頃を思い出すと、育児と家事だけでいっぱいいっぱいでした。
当時はまだ小さな会社に勤めていて、人員不足もあって産休に入ってからも直前まで自宅で仕事をしていました。
まだまだ出産まで時間もあるし・・・と呑気に構えていたら、動き回りすぎたのが良くなかったのか、予定日よりも2週間ほども早く突然産気づいて、「え!!!心の準備、全然出来てないんだけど!!」という感じのまま、まさかのスピード出産..。

2382gと、ちょっと小さめながら元気に産まれてきた長女を腕に抱きながら、産まれてから初めて母乳マッサージの事や新生児育児についての育児書を読んだりと、完全に準備不足での育児がスタートしました。


1ヶ月ほどお世話になった実家から自宅に戻った後も、「さあ、今日こそは初めて赤ちゃんと一緒にスーパーまで行ってみよう。」と、今なら笑ってしまうぐらい普通の事さえ、初めての時は緊張したり。
(青年海外協力隊で中米にいた頃はうるるん滞在記か!っていう場所にも平気で出かけていたというのに、近所のスーパーに行くだけでドキドキ。。)

電車に乗るにも「泣いたらどうしよう。。吐いちゃったらどうしよう。。ベビーカー大丈夫かな。っていうか、忘れ物ないかな(今さら??)」みたいに、色々気になってドキドキ。。
一事が万事そんな感じだった上に、産後すぐから仕事も一部再開したので、当然ながら?自分の事まで全く手が回っていませんでした。


そんな中で、特にどんどん適当になっていったのが、着るもの


今も昔も変わらず、洋服の好みはシンプル&ベーシックが基本ですが、会社勤めをしていた時は今ほどカジュアルではなかった事もあり、出産前後は体型はもちろん、ライフスタイルの変化にそれまでの洋服がまったく合わず、着たい服と着れる服が一致しないジレンマに。

赤ちゃんのお肌にやさしく、授乳しやすく、産後の体型もカバー出来て、汚れても気兼ねなく洗える素材&値段。
そういう機能面でのニーズを考えると、本当に着たい洋服のほとんどは対象外で、新しく服を買おうにも何を買っていいかピンと来ない上に、自分のものにかけられる予算も限られていて結局妥協の連続。


長女5ヶ月頃の春、実家にて。家着の延長のような「洗える服」ばかりで化粧っけもない



赤ちゃん育児中のママの暮らしは、基本的にご近所が中心。
まあいいか...仕方ないか..で選んだ服の比率が増えるほど、いざ週末ちょっと出かけようと思った時に着るものがない。

せっかくの外出だからリフレッシュして楽しみたい。
なのに、全然テンションがあがらない、ぱっとしない服しかなくて、なんだか全身がのっぺりしてる。。

結局いつも「まぁ、今は仕方ないか」という気持ちが付いて回り、あ〜・・昔の友達に会いません様に...と(ほとんど会う事なんてないのに)祈ってしまうような有様でした。



気兼ねなく洗濯できて、子どもへの肌触りがよくて、授乳ができて、暑くも寒くもなければ良しとするか...という、おしゃれって何ですか?な頃


今赤ちゃんを育児中の方の中にも、

「あー、すっごくわかる」
「そうそう、自分の事はつい後回しよね..。別に諦めたつもりはないんだけど..」
「せっかく買うなら気に入ったものを買いたいけど、それが出来ないなら中途半端にお金かけたくなくて、結局プチプラ。。わかるわ〜」

って思って下さる方も、多いのではないでしょうか?


もちろん、ママになっても最初から上手におしゃれを楽しまれている方も多いと思いますが、それでもやっぱり「色々と制限がある中でのベスト」になりがちな悩みは同じかな・・とも思うのです。

シンプル&ベーシックこそ小物が大事

今振り返るとわかるのですが、シンプル&ベーシック好きだった事も私の産後のファッションが迷走したとても大きな要因でした。


妹のsora no otoのシンプル&ベーシックコーデイメージ。シンプルな服にあわせている小物が彼女らしい。

シンプルな洋服こそ、本来こだわるのは素材感や色味、細かなサイズや縫製の良さという微妙な所

そしてその服をベースに、靴やアクセサリー、ベルトやストールなどの小物合わせがあって初めて、その人のスタイルとして出来上がるものですよね。


それなのに、バランスや素材感を吟味する余裕なく選んだプチプラのシンプル服にノーアクセ、ノーヒール。
・・・味付けを忘れた料理と同じ、出来上がりは「食べれなくはないけど、全く美味しくない」のは当然で、「ただの地味」そのものだったなぁ・・と思うのです。

もしあの頃、娘に引っ張られても安心してつけられるアクセサリーがあったら、お出かけももうちょっと楽しいものになっていたのかもしれません。

ないんだったら作ってみよう ー切られて思いついた「赤ちゃんに引っ張られても切れないネックレス」
こちらもsora no otoのコーディネート

例えばシンプルなTシャツやニットにデニム。
お気に入りのローヒールを履いて、耳元にはぴったりしたポストピアスに、ポイントにコットンパールのキャッチをあわせて、引っ張られても大丈夫で肩こりもしないコットンパールネックレスをあわせる。


sonrisaのコーディネート

普段スニーカーやスリッポンであわせるカジュアルなダメージデニムとタンクトップ、シャツのコーデも、足元をヒールサンダルに変えてアクセと綺麗目なバッグに変えたらちょっとしたお出かけ仕様に。

手元に思いっきりボリュームをもたせて、顔周りはピアスだけでノーネックレスというのも可愛い。

シャツの襟元にすこしボリュームのあるネックレスをあわせて、耳元はダイヤのかわりにジルコニアのピアスを。
それだけでも鏡に映った自分を見た時のテンションはちょっと違うはず。

真冬はさておき、実はオススメなのがアンクレット。
アンクレットなら赤ちゃんに引っ張られる事はもちろんないし、基本的に邪魔になる事もない上に、アンクレットをポイントにしているだけで一気におしゃれ感もアップする優れものなのです♪

アクセサリーはスパイス 手頃なお値段で種類多めが使いやすい

育児中のお洋服について改めて振り返ると、色々と制限が出てくるのはまずトップス。
そしてスカート派だった方は一気にパンツ中心に、ハイヒール派だった人はローヒールに、バッグも大容量で場合によっては斜めがけできるもの...というように、沢山の変化があると思います。

そう考えると、トップスは一時は消耗品と割り切ってプチプラに切り替えて、長く履けそうなデニムやローヒールの靴に投資して、アクセサリーは手頃な値段のものを種類多めに持っていたら、実は育児中のおしゃれももっと楽しめたなぁ..って思うのです。

しかも、アクセサリーはお洋服とちがって、それほど短期サイクルでの流行に左右されずに、基本的には長く使えるものです。 初めての赤ちゃんが産まれて、その後仕事に復帰したり、2人目、3人目と赤ちゃんを授かったり、成長していく我が子と共にライフスタイルが色々と変わっていく中でも、シンプルベーシックなアクセサリーは長く自分の暮らしに寄り添ってくれるはず。

だからこそ、SONRISAでは強度やデザインや付け心地はもちろん、「耐久性に優れて長く使える上質素材を使う事」「普段使いしやすい手頃な価格である事」にも、とてもこだわっています。

今はプチプラで可愛いアクセサリーも沢山溢れている時代。

でもそのほとんどがメッキ素材で、産後に敏感になっている肌にはアレルギーが出やすかったり、大人の女性には安っぽくなってしまったり、耐久性がなくてすぐにメッキが剥がれてきたりするものも珍しくありません。

せっかく一つ一つハンドメイドする大切なアクセサリー達は長くご愛用頂きたいし、アレルギーなどのご不便は出来る限りかけたくない。
だからSONRISAでお取り扱いしているアクセサリーは(SONRISA以外の作家さんのものも含めて)、基本的なパーツは14KGFというより金属アレルギーが出にくく耐久性と美しさを兼ね備えた金具を中心に、天然石やパーツ類も厳選したものだけを使用しています。

14KGFはメッキ素材に比べると数倍以上のお値段になるため当然価格も上がるのですが、個人運営の直販型ネットショップだからこそのメリットで、14KGFを使いながらも普段使いしやすいお値段にこだわる事が出来ています。

手頃な値段で十分な強度と耐久性を備えたハンドメイドアクセサリーを、普段のちょっとしたお出かけにも、週末のお出かけにも、お仕事にも、ちょっとしたセレモニーにも、存分に活用してもらえたら嬉しいな..と思っています。

ラインナップのご紹介

育児中、夜中のへんな姿勢での授乳などもあってか、普段以上に肩こりがひどかった私。
そんな経験から、「長時間着けていても肩こりしない事」と、「なにはなくともパールのネックレス!」・・という思いもあって、メインのラインナップは普段使いもしやすいやや小粒のコットンパールが中心です。

さらに、普段のスーパーや公園など、ちょっとそこまでの外出の時にもカジュアルに着けられるパールアクセが欲しいな・・と作ったのが、コットンパールのコードネックレスと、リーフとバロックパールのコードネックレス。

その後、お客様からのご要望で「ネックレスチェーンのかわりになる様な、華奢でチャームを付け外しできるものがあったら嬉しい」というお声を頂いてゴールドビーズやシルバ−ビーズのメタルビーズシリーズも追加しています。
(まだまだチャームが少ないのが今の課題です。。。もう少しお待ち下さいね!)

ママネックレスの強度について

SONRISAのママネックレスは、約12kgf(重量キログラム)もの耐荷重性をもつ特殊繊維を2重に用い、留め具の選定や繋ぎ方も強度にこだわって制作する事で、大人の男性でも簡単には切る事が出来ない程の丈夫さを実現している特殊なネックレスです。




ママネックレス
ネックレス/ペンダント
ピアス/イアリング
ブレスレット
アンクレット
リング
ヘアアクセサリー
小物・バッジ
布雑貨
ギフト&セット
ギフトラッピング



太陽と海の街・石巻のママ達が作るアクセサリーのお店 - Amanecer (アマネセール)
素材とお手入れについて
ギフトラッピング


RSS
ATOM